小児がんや白血病・選定製の無毛症などの治療を行なう上で、大人だけでなく子供でも髪の毛がなくなることはあります。怪我で一部が失われることだってあります。悩みを抱えて円形脱毛症になるケースだってあります。小さな子供だって髪の毛がないことはつらいことです。更に、ストレスをかかえて髪の量が減ってしまっては大変です。大人用だけではなく子供用かつらというのもあるので、ぜひ導入を検討してみてください。決して安い買い物ではありませんが、子供の笑顔のためには必要なものです。髪の毛や子供用かつらを作るための費用を寄付してもらうためのNPO団体もあります。自身の子供だけでなく病気で苦しむ多くの子供たちのためにそういった活動に参加してみるのもいいでしょう。

子供用かつらの大人用との違いについて

大人用のものとの決定的な違いはサイズです。3センチから5センチは小さく作られています。子供を連れていってピッタリのサイズのものを作ってもらうのもいいでしょう。子供の場合、成長に合わせて買い替えていく必要があります。そもそも人毛で作ったものの場合は寿命が2年ほどです。大人よりも動きが活発なのでしっかりフィットするものを選ぶようにしましょう。全体的に覆うフルウィッグタイプもありますし、円形脱毛症など一部のみ薄いのであればパーツウィッグで気になる部分だけを隠すようにしてもいいです。パーツウィッグも大人用のものより少し小さめに作られています。パーツウィッグなら大人でも使用することはできます。医療用イメージが強いかつらですが、それ以外でも活用することができます。

子供用かつらのその他の用途について

七五三など特別なイベントで子供用かつらをつけたことがある子もいるでしょう。小さな子供の長い髪はお手入れが大変だからと短く切っている家でも七五三でおしゃれしたときくらいはさまざまなヘアアレンジを楽しみたいものです。そんなときには写真館でウィッグを使ってみるのもおすすめです。普段ストレートヘアの子もフワフワのカールヘアになることができるなど、がらっとイメージを変えることもできます。髪の毛をお団子にしてそこにはめるだけのリング状ウィッグ・シュシュウィッグなどもあります。これなら簡単につけることができるので自宅でママがアレンジしてあげることも可能です。フルウィッグではなければ親子で使いまわすことだってできます。オシャレ度アップのために活用してみるのもおすすめなのです。