子どもにかつらなんて必要なのかと思われる人もいるかもしれませんが、大人が薄毛を気にしてかつらを着用するよりも感受性の強い子供こそかつらが必要だと言えます。小児がんなどで抗がん剤の治療を行っている子や、円形脱毛症に悩んでいる子、あるいは生まれつきの無毛症で毛がない子などは子供用かつらが必要と言えます。親が思っている以上に脱毛症を悩んでいる子供は多いので、親がそれを察してかつらを作るのが望ましいと言えますが、初めて子供用かつらを作成する場合にはどういうことを基準に選べばよいのでしょうか。そこで、子供用かつらの正しい選び方について考えてみましょう。子どもは大人と違い行動が活発でその活発さゆえに人とぶつかったりなどのアクシデントにも合いやすいので、激しい動きにも対応するかつらを選ぶのが良いと言えるでしょう。

子供用かつらの正しい選び方とは

前述した通り、子どもは動きが活発で大人が予想できないような動きをすることがありますのでお子さんの頭のサイズにしっかりとフィットするもの選び必要があります。子供用かつらの取扱店には豊富なサイズを取り揃えています。サイズは、SSS~Mサイズまで、3歳の小さなお子さんから大人サイズまで豊富であり、大人サイズのS・M・Lも着用することもできますし、もし既製品では合わない場合にはオーダーメイドで作ることも可能ですので、成長に合わせてお子さんの頭にちょうど良いサイズを選ぶようにしましょう。子供用かつらは帽子サイズで選ぶのが良いとされています。既製品の防止でも少しぶかぶかするというお子さんの場合には最も小さいSSSサイズを選ぶのが良いでしょう。小さなお子さんから中学生、高校生まで多くの子供が利用していますので、自分たちでは決められないという人はスタッフに相談して決めるのも良いでしょう。

子供用かつらを着用する上での注意点とは

子供用かつらを着用する上での注意点とはどのようなことが考えられるのかというと、かつらの寿命は2~3年とされていますが丁寧に扱えばそれだけ長持ちしますので、汗をかいた場合には専用のシャンプーで洗い、絡み防止のためにしっかりとブラッシングするようにしましょう。そして、何より大切なのは着用するお子さん自身が慣れることです。かつらを着用していてもあまりバレることはないので、親御さん字がそのことを伝えて余計に髪に触れたり触ったりしないように心がけてあげましょう。体育の授業などにおいても、強力なテープで装着すればまず外れることはありませんが、引っ張る力には弱いので間違って髪をはさんで引っ張ったりしないように気を付けましょう。毛が痛んだり分け目が目立ってきた場合には、夏休みなどの長い休み期間中に修理することも可能ですので、自然なヘアスタイルが保てるように親御さんが意識してあげるようにしましょう。

どんな長さでも、どんなヘアスタイルでも(税込み)178,000円の単一価格でオーダーメイドのかつらを作れます。 悪かろう安かろうではないのが、当社のかつらで、高いカツラにも劣るものではありません! 「ナチュラルかつら」なら、かつら修理は一律(税込み)30,000円で出来ます。他社製品のかつらも受注可能です! 仕上げは、ヘアスタイリストが最後まで担当します。 お子様用に子供用かつらが必要なら、ぜひご相談ください!